妊婦でも抱っこ紐は使える?おなかの赤ちゃんに影響はある?

2人目、3人目の妊娠。まだ抱っこ抱っこの幼子を抱えてのマタニティライフは本当に大変なものです。
私自身も次女を妊娠中長女は2歳半、三人目を妊娠中、次女は3歳と子供たちはまだ抱っこ抱っこと甘えたい盛りで、本当に苦労しました。

 

買い物に行っても抱っこ、遊びに行っても抱っこ、自転車に乗っていても抱っこをせがまれ、結局妊娠後期まで抱っこ紐を手放せない状態でした。

 

 

それでは、妊婦の抱っこ紐の使用についてお話していきたいと思います。

 

妊婦さんが抱っこ紐を使用する際には、お腹を締めつけないことが大切です。
腰ベルトタイプのものなら、腰よりも低めのお尻の上あたりでベルトを締めるようにすると良いでしょう。

 

お腹を締めつける心配のない、スリングタイプもお勧めです。

 

 

妊娠初期に抱っこ紐を使うのは大丈夫?

妊娠初期と言えば、まだまだママの体調も落ち着かず、流産の危険性も高い時期ですよね。
それでは、妊娠初期に抱っこ紐を使っても問題ないのでしょうか?
先輩ママたちの意見を聞いてみたところ、やはり同じように悩み同じような経験をしているママが多いようでした。

 

そして、ほとんどのママが体調の良い時にはだっこ、おんぶをしていたということでした。
今までの妊娠が順調で、切迫体質や流産の兆候などもなく、その日の体調に問題がなければ抱っこ紐を使っている妊婦ママが多いようです。

 

私自身も、妊娠に気づくのが遅くつわりが始まるころまで普通に抱っこをしていました。
そして、妊娠に気づいた10週頃からは抱っこ紐の使用をなるべく避けるようにして、安定期からは、腰ベルトがお腹にかからないようにして使いました。

 

 

こんな時には使用をやめて!

お腹が張ったり、腹痛を感じた時には抱っこは控える方が良いでしょう。
切迫流産・切迫早産などの可能性もあるので、ゆっくりと体を休めるようにしてください。
出血を伴う場合にはすぐにかかりつけの産婦人科で診てもらうようにしてください。

 

妊娠中、お腹が大きくなり始めてきたら、ベビーキャリーを使う、使わないにかかわらず抱っこは最小限にとどめる方が安心です。

 

妊娠中は重いものを持つことでお腹に負荷がかかってしまい、お腹の張りや不正出血の原因となってしまうこともあるのです。

 

特に出産が近づき、お腹が大きくせり出してくる妊娠後期にはお腹が張りやすく早産などの危険性もあるので、絶対に無理はしないようにしてくださいね。

 

 

妊婦さんには抱っこよりもおんぶがおすすめ

どんなに気をつけていても、子供とママが向かい合わせで密着する抱っこではお腹を圧迫してしまいます。
いくら腰ベルト、肩ひもを調節したとしてもお腹に負担がかかってしまうことは間違いありません。

 

そこでおススメなのが、おんぶです。
腰ベルトタイプの抱っこ紐なら、おんぶも可能というものが多いですよね。
腰ベルトを少し低い位置に締めておんぶスタイルにすれば、お腹への負担もだいぶ軽減されるでしょう。

 

 

妊婦さんにおすすめの抱っこ紐

妊婦さんにおすすめの抱っこ紐と言えば、エルゴベビーです。
腰ベルトなのに使えるの?と思うママも多いことでしょう。

 

妊娠中はホルモンのバランスや、お腹がせり出してくることから腰痛や肩こりに悩まされるママが多いのです。
そのため、負荷が分散される腰ベルトタイプのエルゴはおすすめなのです。
腰ベルトをお尻の上、くびれよりも低い位置に装着すれば、使用することができます。

 

妊娠初期にはキューズベリーの抱っこ紐もお腹を締めつけないのでおススメです。

 

また、フェリシモのクロスタイプの抱っこ紐も着脱が簡単でお腹を圧迫することなく使えるの出おススメです。
何より、小さく折りたたんでバッグにスッキリ収納できるのもうれしいですよね。
小さな子供とのお出かけ、増してや妊娠中なので少しでも荷物を減らしたいですよね。

 

 

第一子以降の妊娠は、育児や家事に追われてゆっくり休むことも出来ず本当に大変なものですよね。

 

まだ甘えたい盛りの幼い子供をかかえてのマタニティライフ、抱っこ紐も手放せないと思います。
それでも、ママの体への負担が少しでも軽減されるように、お座りしてお膝抱っこにするなどして抱っこ紐の使用も最小限にとどめる方が良いかもしれません。

 

関連ページ

国産の抱っこ紐、おすすめのメーカーとは?
国産の抱っこ紐にはどのようなメーカーがあるのでしょうか? 国産の抱っこ紐のおすすめメーカーとその特徴などをご紹介しています。
抱っこ紐はいつまで使用していいの?
抱っこ紐はいつまで使用していいものなのでしょうか? 抱っこ紐はいつまで使用できるのかについて詳しく説明していますので、ご覧ください。
抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートとは?
抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートとはどのようなものなのでしょうか? 抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートをご紹介しています。
抱っこ紐の正しい洗い方と注意点について
抱っこ紐の正しい洗い方と注意点にはどのようなものがあるのでしょうか? 抱っこ紐の正しい洗い方と注意点について書いています。
正面抱き、横抱き、おんぶなど抱っこ紐の種類について
正面抱き、横抱き、おんぶなど抱っこ紐の種類についてまとめています。抱っこ紐の種類と、それぞれの特徴について書いている記事です。
抱っこ紐で新生児も使えるものはどれ?
抱っこ紐で新生児も使えるものにはどのようなものがあるでしょうか? 新生児でも使える抱っこ紐についての記事です。ご参考になさってください。
どこで?値段は?抱っこ紐のレンタルまとめ
どこで借りられる? 値段はどのくらいする? 抱っこ紐のレンタルについてまとめました。抱っこ紐のレンタルご検討時にご参考になさってください。
抱っこ紐使用時、赤ちゃんの暑さ対策は?
抱っこ紐使用時、赤ちゃんの暑さ対策はどのようにすればいいのでしょうか? 抱っこ紐使用時にできる赤ちゃんの暑さ対策について書いています。
体型別、抱っこ紐の選び方まとめ
体型によって抱っこ紐が合う、合わないなどありますので、選び方についてご紹介いたします。体型別、抱っこ紐の選び方についての記事です。
抱っこ紐はいつから使える?首すわり期から使えるものは?
抱っこ紐は育児中のママには欠かせないアイテムです!いつから使えるの?首すわり前でも使えるの?など、抱っこ紐の購入を検討中のママに役立つ情報をまとめています。また、首すわり前にも使える抱っこ紐もご紹介します。
赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がるのはなぜ?対策は?
抱っこ紐はママの必需品!お出かけや、家事の時など大活躍です。でも、赤ちゃんが嫌がる、泣くで抱っこできない。そんなときに何か対策はないの?赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる理由と対策についてお話しします。
抱っこ紐を使っての家事は出来る?新生児でも大丈夫?
新生児ちゃんでも抱っこ紐を使えば、家事ができる?新生児を抱っこしながら家事をする場合、どんな抱っこ紐を選ぶ必要があるのか?抱っこで家事をするときの注意点などをご紹介します。
抱っこ紐で赤ちゃんの足がうっ血?!対策は?
気づくと赤ちゃんの足が冷たい!抱っこ紐で赤ちゃんの足がうっ血してしまうことがあるようです。抱っこ紐によるうっ血を防ぐための対策とは?抱っこ紐によるうっ血の原因と対策をまとめています。
授乳室は必要なし!抱っこ紐で授乳する方法
抱っこ紐をしながらでも授乳が出来る方法があるのをご存知ですか?この方法をマスターすれば、授乳室やケープはもういらない!抱っこ紐をつけたまま授乳する方法をご紹介します。
生後2ヵ月の赤ちゃんの抱っこ紐の長時間使用は危険?
生まれて2カ月目の赤ちゃんに長時間抱っこ紐を使うと危険?生後2か月の赤ちゃんを抱っこする時に気をつけたいことや、長時間の抱っこ紐の使用の危険性についてまとめています。
ディズニーランドデビュー!抱っこ紐OKな乗り物は?
みんな大好きディズニーランド!抱っこ紐が手放せない赤ちゃんとディズニーランドを楽しむには?抱っこ紐をつけたまま乗れる乗り物はあるの?赤ちゃんと一緒に楽しめる乗り物やアトラクションをご紹介します!
可愛い!抱っこ紐のフードカバーを手作りする方法
抱っこ紐のフードカバーを手作りすれば、自分だけのオリジナルに。フードカバーを手作りして世界にたった一つの抱っこ紐を作ってみませんか?簡単な作り方も紹介しています!
赤ちゃん本舗で購入できる抱っこ紐を大公開!
抱っこ紐選びなら赤ちゃん本舗がおすすめ!ベビー用品専門店赤ちゃん本舗なら品ぞろえも豊富で自分に合った抱っこ紐を見つけることができるはずです。店舗とネットで購入可能な抱っこ紐をご紹介します!