国産の抱っこ紐でおすすめのメーカーはどこ?

抱っこ紐と言えば、赤ちゃんや小さな子供とのお出かけが楽になるアイテムですよね。
育児には必須のアイテムと言えるかもしれません。

 

そんな抱っこ紐は、国産だとどのようなメーカーがあり、それぞれどんな特徴を持っているのでしょうか?
国産メーカーについて調べましたので、ぜひ、抱っこ紐選びのご参考になさってください。

 

-国産のメーカーと特徴について
それでは、早速みていきます。

 

▼napnap(ナップナップ)
新生児から使用できる抱っこ紐です。
国産の強みと言える特徴を持っています。それは、サイズが日本人向けであることです。
日本人の赤ちゃんは欧米の赤ちゃんよりも比較的、小柄であることが多いそうです。
そのため、ナップナップの商品は、小柄な赤ちゃんでも合うようにコンパクトなつくりになっています。

 

赤ちゃんの股関節は柔らかいので、特に股関節が当たる部分にはこだわって作られています。
日本人の骨格に合わせて赤ちゃんの股関節にくる部分を狭めながらも理想のM字をキープすることができるようになっています。
安心して使用できますね。

 

また、別売りの新生児パッドを購入すれば、生後10日ごろから縦抱っこが可能になります。

 

⇒ナップナップの公式サイトはこちら

 

▼ラクーナ
助産師さんと多くのママたちによって開発された商品です。
Tシャツを着るようにスポッとかぶるだけの簡単装着により、装着までの所要時間はたったの10秒程度であるのも人気の理由です。

 

また、洗濯機で丸洗いできるのもポイントが高いです。
それでいて、安心と安全、そして高品質にこだわっており、生地の生産から加工、検品まですべて日本国内で行われています。

 

ちなみに、ラクーナとは、「楽な」ではなく、「ら・くーな」というラテン語で、意味は「ゆりかご」だそうです。

 

▼Huggy huggy(ハギーハギー)
ハギーハギーは、理想的な荷重分散によって、赤ちゃんの心地よさのみならず、ママやパパの肩と腰の負担を軽減してくれます。
毎日使用しても、あまり負荷がかからないように設計されているのです。

 

そして、外出時に使用しない場合でも、邪魔にならないように、ウエストにつけたまま、コンパクトにまとめることができます。
ウエストポーチのような見た目になります。
また、デザインのバリエーションも豊富です。

 

▼CUSE BERRY(キューズベリー)
口コミでも人気の高い国産抱っこ紐です。
赤ちゃんの体重を分散してくれるため、ママやパパの肩や腰にかかる負担を軽減してくれます。
また、赤ちゃんの座る位置の側面にバンドが設置されています。これにより、一層、赤ちゃんの安定性が強化されています。

 

そして、最大の特徴は、ジップ付きなので、赤ちゃんが眠ったら、赤ちゃんの背中にあるジップを開けて起こすことなく、さっと降ろして寝かしつけられます。

 

さらに、赤ちゃんが眠ってしまうと、頭を後ろにもたげがちですよね。
それを片手でカバーして楽なポジションをキープしてあげる必要がないように、ヘッドカバーがついています。
ヘッドカバーをつけるだけでOKなので、片手で支える必要もありません。
かなり便利です。

 

また、取り出しやすい位置にポケットがついていますし、夏の暑い日にはアイスパッと入れにもなる優れものです。

 

一番のおすすめは、キューズベリーです。
なぜなら、ママやパパが欲しかった機能がたくさん備わっているからです。

 

などがあります。
いかがでしょうか? ご自身にぴったりの国産抱っこ紐メーカーは発見できましたでしょうか?

 

⇒キューズベリーの抱っこ紐の詳細はこちら

関連ページ

抱っこ紐はいつまで使用していいの?
抱っこ紐はいつまで使用していいものなのでしょうか? 抱っこ紐はいつまで使用できるのかについて詳しく説明していますので、ご覧ください。
抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートとは?
抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートとはどのようなものなのでしょうか? 抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートをご紹介しています。
抱っこ紐の正しい洗い方と注意点について
抱っこ紐の正しい洗い方と注意点にはどのようなものがあるのでしょうか? 抱っこ紐の正しい洗い方と注意点について書いています。
正面抱き、横抱き、おんぶなど抱っこ紐の種類について
正面抱き、横抱き、おんぶなど抱っこ紐の種類についてまとめています。抱っこ紐の種類と、それぞれの特徴について書いている記事です。
抱っこ紐で新生児も使えるものはどれ?
抱っこ紐で新生児も使えるものにはどのようなものがあるでしょうか? 新生児でも使える抱っこ紐についての記事です。ご参考になさってください。
どこで?値段は?抱っこ紐のレンタルまとめ
どこで借りられる? 値段はどのくらいする? 抱っこ紐のレンタルについてまとめました。抱っこ紐のレンタルご検討時にご参考になさってください。
抱っこ紐使用時、赤ちゃんの暑さ対策は?
抱っこ紐使用時、赤ちゃんの暑さ対策はどのようにすればいいのでしょうか? 抱っこ紐使用時にできる赤ちゃんの暑さ対策について書いています。
体型別、抱っこ紐の選び方まとめ
体型によって抱っこ紐が合う、合わないなどありますので、選び方についてご紹介いたします。体型別、抱っこ紐の選び方についての記事です。
抱っこ紐はいつから使える?首すわり期から使えるものは?
抱っこ紐は育児中のママには欠かせないアイテムです!いつから使えるの?首すわり前でも使えるの?など、抱っこ紐の購入を検討中のママに役立つ情報をまとめています。また、首すわり前にも使える抱っこ紐もご紹介します。
赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がるのはなぜ?対策は?
抱っこ紐はママの必需品!お出かけや、家事の時など大活躍です。でも、赤ちゃんが嫌がる、泣くで抱っこできない。そんなときに何か対策はないの?赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる理由と対策についてお話しします。
抱っこ紐を使っての家事は出来る?新生児でも大丈夫?
新生児ちゃんでも抱っこ紐を使えば、家事ができる?新生児を抱っこしながら家事をする場合、どんな抱っこ紐を選ぶ必要があるのか?抱っこで家事をするときの注意点などをご紹介します。
抱っこ紐で赤ちゃんの足がうっ血?!対策は?
気づくと赤ちゃんの足が冷たい!抱っこ紐で赤ちゃんの足がうっ血してしまうことがあるようです。抱っこ紐によるうっ血を防ぐための対策とは?抱っこ紐によるうっ血の原因と対策をまとめています。
授乳室は必要なし!抱っこ紐で授乳する方法
抱っこ紐をしながらでも授乳が出来る方法があるのをご存知ですか?この方法をマスターすれば、授乳室やケープはもういらない!抱っこ紐をつけたまま授乳する方法をご紹介します。
生後2ヵ月の赤ちゃんの抱っこ紐の長時間使用は危険?
生まれて2カ月目の赤ちゃんに長時間抱っこ紐を使うと危険?生後2か月の赤ちゃんを抱っこする時に気をつけたいことや、長時間の抱っこ紐の使用の危険性についてまとめています。
ディズニーランドデビュー!抱っこ紐OKな乗り物は?
みんな大好きディズニーランド!抱っこ紐が手放せない赤ちゃんとディズニーランドを楽しむには?抱っこ紐をつけたまま乗れる乗り物はあるの?赤ちゃんと一緒に楽しめる乗り物やアトラクションをご紹介します!
可愛い!抱っこ紐のフードカバーを手作りする方法
抱っこ紐のフードカバーを手作りすれば、自分だけのオリジナルに。フードカバーを手作りして世界にたった一つの抱っこ紐を作ってみませんか?簡単な作り方も紹介しています!
妊婦でも抱っこ紐は使えるの?胎児への影響は?
妊婦さんが抱っこ紐を使うのは良くない?赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか。妊婦さんにおすすめの抱っこ紐や、大きくなったお腹、胎児への影響についてお話ししています。
赤ちゃん本舗で購入できる抱っこ紐を大公開!
抱っこ紐選びなら赤ちゃん本舗がおすすめ!ベビー用品専門店赤ちゃん本舗なら品ぞろえも豊富で自分に合った抱っこ紐を見つけることができるはずです。店舗とネットで購入可能な抱っこ紐をご紹介します!