授乳室いらず!抱っこ紐から授乳する方法

ご機嫌だった赤ちゃんが電車の車内や街中でおっぱいを欲しがって泣き出した!
でも、授乳室は見当たらないしケープを使うのはいかにもって感じで気が引ける…
そんな経験をするママはとても多いようです。
赤ちゃんとの移動って本当に大変ですよね。

 

そんな時にお役立ちの、赤ちゃんとのお出かけを快適にするコツや、どこでも授乳可能!抱っこ紐をつけたまま授乳する方法をご紹介していきたいと思います。

 

まず、赤ちゃんと快適なお出かけを楽しむためのポイントはなんといっても、赤ちゃんのご機嫌。
赤ちゃんのご機嫌が良いことを見計らって、または赤ちゃんを抱っこで寝かしつけて出かけると、外でぎゃん泣きなんていう事態を回避できる率が高くなりますよ!

 

 

そして、いよいよ抱っこしたままおっぱいをあげる方法をご紹介します。

 

私自身も3人の育児を経て、エルゴベビー、ベビービョルン、コンビ、など色々な抱っこ紐を使ってきましたが、ほとんどのベビーキャリーで授乳が可能でした。

 

一人目の時には、ベビーカーでの移動が多く授乳する場所を求めてギャン泣きするベビーを連れて彷徨ったものです。

 

しかし、二人目以降はベビーカーを使うことで両手がふさがってしまうことで上の子が野放しになり、危険なのでベビーカーはほぼ封印、
抱っこでの移動が増えたのです。

 

下の子がおっぱいを欲しがり愚図りだす、そして同時に上の子からもかまってアピール。
もうどうしたら良いの!と途方に暮れていた時に試したのが抱っこ紐授乳でした。

 

結果は大成功、二人とも満足させることができました!

 

抱っこ紐をつけたまま授乳する方法

まずは、授乳服の着用が基本になります。
胸元にスリットが入っているタイプの服がおすすめです。
そして下着もブラキャミや、授乳ブラなどガバっと胸元を開けられるものがベストです。

 

そしていよいよ…

 

@抱っこ紐の肩ひもを緩めて、赤ちゃんの口が胸元に来るように調節する
Aスリーピングフードをかぶせる
B授乳服のスリットから胸元を広げて、片方の乳首を赤ちゃんにくわえさせてあげる。

 

この通り、とても簡単なのです。

 

エルゴなど、スリーピングフードのあるものが周りからも気づかれにくくおすすめです!
ベビービョルンでも試してみましたが、出来ないことはない、しかしスリーピングフードがついていないこと、ママと赤ちゃんとの密着度がかなり高いことから少しやりにくい、周りから見えてしまう可能性があるということで、あまり向いていないかなという感じです。

 

この方法を知っていれば、もう授乳室を探し回ることも、外で人目を気にしながらおっぱいをあげることもなくなります。

 

スリーピングフードのない抱っこ紐で授乳する場合は、上着を1枚羽織っておくと安心ですよね。
抱きかかえる手を上の方にする、頭に手を添えるようにして隠すなど、抱き方を少し工夫するだけでも、見えにくくなりますよ。

 

 

ケープを使っておっぱいをあげていると、やっぱり周りから見られることが多いですよね。
ケープをしていると、明らかにおっぱいあげてます!ってアピールしているみたいで気になってしまうママも少なくはないと思います。

 

しかし、この方法をマスターしておけば、好きな時に好きな場所でおっぱいがあげられます。
しかも、人目も全く気にならず、堂々と授乳が出来るのです。

 

 

歩きながら、移動しながらの授乳はとても便利ですが、これを成功させるには一つだけポイントがあります!
それは、なるべくなら赤ちゃんが大泣きする前におっぱいをくわえさせることです。
ぎゃん泣きしてしまっていると、おっぱいをくわえさせるのにも一苦労です。
時には、抱っこ紐から出さないとおっぱいを飲んでくれないなんていうことにも…
赤ちゃんのご機嫌が完全に悪くなってしまう前に授乳するのが成功させるコツです。

 

 

この方法をマスターしておけば、忙しい時間帯に家事をしながらでも授乳が出来るのでとても便利です。

 

しかし、授乳は赤ちゃんの目を見ながらゆっくりとが基本。
おっぱいをあげている時間はママと赤ちゃんのコミュニケーションをとる大切な時間なので、どうしてもという時にだけ試してみてくださいね。

 

関連ページ

国産の抱っこ紐、おすすめのメーカーとは?
国産の抱っこ紐にはどのようなメーカーがあるのでしょうか? 国産の抱っこ紐のおすすめメーカーとその特徴などをご紹介しています。
抱っこ紐はいつまで使用していいの?
抱っこ紐はいつまで使用していいものなのでしょうか? 抱っこ紐はいつまで使用できるのかについて詳しく説明していますので、ご覧ください。
抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートとは?
抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートとはどのようなものなのでしょうか? 抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートをご紹介しています。
抱っこ紐の正しい洗い方と注意点について
抱っこ紐の正しい洗い方と注意点にはどのようなものがあるのでしょうか? 抱っこ紐の正しい洗い方と注意点について書いています。
正面抱き、横抱き、おんぶなど抱っこ紐の種類について
正面抱き、横抱き、おんぶなど抱っこ紐の種類についてまとめています。抱っこ紐の種類と、それぞれの特徴について書いている記事です。
抱っこ紐で新生児も使えるものはどれ?
抱っこ紐で新生児も使えるものにはどのようなものがあるでしょうか? 新生児でも使える抱っこ紐についての記事です。ご参考になさってください。
どこで?値段は?抱っこ紐のレンタルまとめ
どこで借りられる? 値段はどのくらいする? 抱っこ紐のレンタルについてまとめました。抱っこ紐のレンタルご検討時にご参考になさってください。
抱っこ紐使用時、赤ちゃんの暑さ対策は?
抱っこ紐使用時、赤ちゃんの暑さ対策はどのようにすればいいのでしょうか? 抱っこ紐使用時にできる赤ちゃんの暑さ対策について書いています。
体型別、抱っこ紐の選び方まとめ
体型によって抱っこ紐が合う、合わないなどありますので、選び方についてご紹介いたします。体型別、抱っこ紐の選び方についての記事です。
抱っこ紐はいつから使える?首すわり期から使えるものは?
抱っこ紐は育児中のママには欠かせないアイテムです!いつから使えるの?首すわり前でも使えるの?など、抱っこ紐の購入を検討中のママに役立つ情報をまとめています。また、首すわり前にも使える抱っこ紐もご紹介します。
赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がるのはなぜ?対策は?
抱っこ紐はママの必需品!お出かけや、家事の時など大活躍です。でも、赤ちゃんが嫌がる、泣くで抱っこできない。そんなときに何か対策はないの?赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる理由と対策についてお話しします。
抱っこ紐を使っての家事は出来る?新生児でも大丈夫?
新生児ちゃんでも抱っこ紐を使えば、家事ができる?新生児を抱っこしながら家事をする場合、どんな抱っこ紐を選ぶ必要があるのか?抱っこで家事をするときの注意点などをご紹介します。
抱っこ紐で赤ちゃんの足がうっ血?!対策は?
気づくと赤ちゃんの足が冷たい!抱っこ紐で赤ちゃんの足がうっ血してしまうことがあるようです。抱っこ紐によるうっ血を防ぐための対策とは?抱っこ紐によるうっ血の原因と対策をまとめています。
生後2ヵ月の赤ちゃんの抱っこ紐の長時間使用は危険?
生まれて2カ月目の赤ちゃんに長時間抱っこ紐を使うと危険?生後2か月の赤ちゃんを抱っこする時に気をつけたいことや、長時間の抱っこ紐の使用の危険性についてまとめています。
ディズニーランドデビュー!抱っこ紐OKな乗り物は?
みんな大好きディズニーランド!抱っこ紐が手放せない赤ちゃんとディズニーランドを楽しむには?抱っこ紐をつけたまま乗れる乗り物はあるの?赤ちゃんと一緒に楽しめる乗り物やアトラクションをご紹介します!
可愛い!抱っこ紐のフードカバーを手作りする方法
抱っこ紐のフードカバーを手作りすれば、自分だけのオリジナルに。フードカバーを手作りして世界にたった一つの抱っこ紐を作ってみませんか?簡単な作り方も紹介しています!
妊婦でも抱っこ紐は使えるの?胎児への影響は?
妊婦さんが抱っこ紐を使うのは良くない?赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか。妊婦さんにおすすめの抱っこ紐や、大きくなったお腹、胎児への影響についてお話ししています。
赤ちゃん本舗で購入できる抱っこ紐を大公開!
抱っこ紐選びなら赤ちゃん本舗がおすすめ!ベビー用品専門店赤ちゃん本舗なら品ぞろえも豊富で自分に合った抱っこ紐を見つけることができるはずです。店舗とネットで購入可能な抱っこ紐をご紹介します!