抱っこ紐はいつまで使用していいの?

子供がある程度大きくなって、歩きはじめたら、いずれは抱っこ紐も卒業しないとならないですよね。
しかし、自力で歩くようになったとは言え、少し目を離すと、どこかへ行ってしまったり、幼いうちはすぐに疲れてしまうため、あまり長い時間歩くことができず、抱っこしないとならないシーンが多々あるかと思います。
そんなとき、やはり、抱っこ紐が便利ですよね。
しかし、ずっと使用していていいものなのでしょうか。抱っこ紐を使ってもいい時期は、いつまでなのでしょうか?
いつまで使用していいのかについて調べました。

 

いつまで使用することができる?

ある程度、自分で歩いてくれるようになっても、疲れてしまって抱きかかえなくてはならなくなったときや、ぐずってしまったときに、抱っこするために紐があると便利ですよね。
長らく使用できると便利なこともあるでしょう。
しかし、それほど長くは使えないようです。

 

抱っこ用の紐と一言で言っても、正面タイプ、横タイプなど、色々な種類があります。
種類によって異なることもあり、いつまで使用してもいいのかについては、一概には言えませんが、目安としましては、2歳頃までだと言われています。

 

しかし、2歳までというのはあくまでも目安です。
抱っこ紐のメーカーによって、対象年齢がいつまで、と書かれてあるものもございますし、お子様の体重を基準に対象を定めている商品もあります。
正面抱っこの場合は、13キロまでの商品が多いようです。
必ず、お持ちの抱っこ紐の対象年齢や体重制限を確認して、それに従ってくださいね。
特に、体重を基準としている商品は、それを超えて使用していると、商品が、お子様の重さに耐えられなくなってしまい、破損するなどの恐れもあり、大変危険です。
無理に使用することは、絶対におやめください。

 

長く使えるタイプ

前向きに抱っこするタイプではなく、おんぶタイプのいわゆる「おんぶ紐」なら、3歳頃まで使えると言われています。
おんぶタイプに定められる体重制限で多いのは、15キロ程度だそうです。
ちょっとしたお出かけ時にも便利なのですが、おんぶタイプの最大のメリットは、家事がしやすいことではないでしょうか。
正面にお子様がいると、料理などは危険ですよね。また、家事の内容によっては、手がぶつかるなどして、行いにくいものもあるかと思います。
その点、おんぶタイプなら、ご自身の背面にお子様がいるため、かなりスムーズに料理などの家事を行うことができるかと思います。

 

ただし、こちらも商品ごとに対象が異なりますので、きちんと確認してからご使用なさってくださいね。

 

お出かけに便利なアイテム

抱っこ紐が使えない年齢、あるいは体重に達した後、一緒にお出かけするときにはベビーカーが便利です。
眠ってしまってもそのまま押すことができます。
また、ある程度の赤ちゃんグッズを積むことができるベビーカーもあります。

 

お出かけ中に、いざ、疲れて歩いてくれなくなったときには、かなり使えるアイテムですよ。

 

【関連記事】⇒国産の抱っこ紐、おすすめのメーカーとは?

関連ページ

国産の抱っこ紐、おすすめのメーカーとは?
国産の抱っこ紐にはどのようなメーカーがあるのでしょうか? 国産の抱っこ紐のおすすめメーカーとその特徴などをご紹介しています。
抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートとは?
抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートとはどのようなものなのでしょうか? 抱っこ紐に合わせて使えるおすすめのママコートをご紹介しています。
抱っこ紐の正しい洗い方と注意点について
抱っこ紐の正しい洗い方と注意点にはどのようなものがあるのでしょうか? 抱っこ紐の正しい洗い方と注意点について書いています。
正面抱き、横抱き、おんぶなど抱っこ紐の種類について
正面抱き、横抱き、おんぶなど抱っこ紐の種類についてまとめています。抱っこ紐の種類と、それぞれの特徴について書いている記事です。
抱っこ紐で新生児も使えるものはどれ?
抱っこ紐で新生児も使えるものにはどのようなものがあるでしょうか? 新生児でも使える抱っこ紐についての記事です。ご参考になさってください。
どこで?値段は?抱っこ紐のレンタルまとめ
どこで借りられる? 値段はどのくらいする? 抱っこ紐のレンタルについてまとめました。抱っこ紐のレンタルご検討時にご参考になさってください。
抱っこ紐使用時、赤ちゃんの暑さ対策は?
抱っこ紐使用時、赤ちゃんの暑さ対策はどのようにすればいいのでしょうか? 抱っこ紐使用時にできる赤ちゃんの暑さ対策について書いています。
体型別、抱っこ紐の選び方まとめ
体型によって抱っこ紐が合う、合わないなどありますので、選び方についてご紹介いたします。体型別、抱っこ紐の選び方についての記事です。
抱っこ紐はいつから使える?首すわり期から使えるものは?
抱っこ紐は育児中のママには欠かせないアイテムです!いつから使えるの?首すわり前でも使えるの?など、抱っこ紐の購入を検討中のママに役立つ情報をまとめています。また、首すわり前にも使える抱っこ紐もご紹介します。
赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がるのはなぜ?対策は?
抱っこ紐はママの必需品!お出かけや、家事の時など大活躍です。でも、赤ちゃんが嫌がる、泣くで抱っこできない。そんなときに何か対策はないの?赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる理由と対策についてお話しします。
抱っこ紐を使っての家事は出来る?新生児でも大丈夫?
新生児ちゃんでも抱っこ紐を使えば、家事ができる?新生児を抱っこしながら家事をする場合、どんな抱っこ紐を選ぶ必要があるのか?抱っこで家事をするときの注意点などをご紹介します。
抱っこ紐で赤ちゃんの足がうっ血?!対策は?
気づくと赤ちゃんの足が冷たい!抱っこ紐で赤ちゃんの足がうっ血してしまうことがあるようです。抱っこ紐によるうっ血を防ぐための対策とは?抱っこ紐によるうっ血の原因と対策をまとめています。
授乳室は必要なし!抱っこ紐で授乳する方法
抱っこ紐をしながらでも授乳が出来る方法があるのをご存知ですか?この方法をマスターすれば、授乳室やケープはもういらない!抱っこ紐をつけたまま授乳する方法をご紹介します。
生後2ヵ月の赤ちゃんの抱っこ紐の長時間使用は危険?
生まれて2カ月目の赤ちゃんに長時間抱っこ紐を使うと危険?生後2か月の赤ちゃんを抱っこする時に気をつけたいことや、長時間の抱っこ紐の使用の危険性についてまとめています。
ディズニーランドデビュー!抱っこ紐OKな乗り物は?
みんな大好きディズニーランド!抱っこ紐が手放せない赤ちゃんとディズニーランドを楽しむには?抱っこ紐をつけたまま乗れる乗り物はあるの?赤ちゃんと一緒に楽しめる乗り物やアトラクションをご紹介します!
可愛い!抱っこ紐のフードカバーを手作りする方法
抱っこ紐のフードカバーを手作りすれば、自分だけのオリジナルに。フードカバーを手作りして世界にたった一つの抱っこ紐を作ってみませんか?簡単な作り方も紹介しています!
妊婦でも抱っこ紐は使えるの?胎児への影響は?
妊婦さんが抱っこ紐を使うのは良くない?赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか。妊婦さんにおすすめの抱っこ紐や、大きくなったお腹、胎児への影響についてお話ししています。
赤ちゃん本舗で購入できる抱っこ紐を大公開!
抱っこ紐選びなら赤ちゃん本舗がおすすめ!ベビー用品専門店赤ちゃん本舗なら品ぞろえも豊富で自分に合った抱っこ紐を見つけることができるはずです。店舗とネットで購入可能な抱っこ紐をご紹介します!